Loading…

空いた空間

Posted by たま子 on 08.2012  竹
チクを病院に連れて行ったとき、
普段はあまり鳴かないチクがナー、ナーと鳴きました。

最初、通常の順番待ちをさせられていたけど、
しばらく経つと、チクがケージの中でコロンと横になりました。

いつもくつろぐ時にとる姿勢で、
家ではいつもする、可愛い姿勢。

でも私は直感でおかしいと思ったんです。

病院でそんな姿するはずない!


いてもたってもいられなくて受付に待ち時間を聞きに行ったら、
4人待ちのあとなので30分位は…と言われ。

でも、待てない! と思った。
胸騒ぎがして、すっごくドキドキしながら、
「なんか、様子がおかしいんです!ぐったりしているんです!」って伝えた。
コロンと可愛く寝てるんじゃない!
早く診てもらわなかきゃいけない!
という、私の中の直感でした。

するとチクはすぐ、診察室へ連れて行ってもらえました。


はぁ、助かった。
これできっと大丈夫。

待合室の椅子に戻ると、安堵と、また逆にすごい不安も込み上げてきて、
周りに人がいるのに涙があふれて止まらなくなってしまいました。


待ち時間を示す掲示板には、「急患のため、順番を繰り上げて診察しています。」
という文字が、何十分も、いや1時間くらい? ずっと出続けていました。

獣医師が何人もいる病院だけど、その間、1人も診察室に呼ばれませんでした。
それでも周りの患者さんたちは静かに待っていてくれて、有難いやら申し訳ないやら。


そしてだいぶ時間が経ち、私たちは酸素室にいるチクに会えました。


先生の話では、胸に膿がたまっていて呼吸を圧迫していたそう。
おそらくだいぶ前から少しずつ溜まっていたんだろうと…
針を刺して膿を出したけど、まだ数回はその処置が必要で、
体力の回復のためにも酸素室にしばらくいなきゃいけない。
2、3日入院し、体力の回復を待って、手術をして膿をきれいに洗浄するかなど検討しよう。
そういう話で、チクを置いて家に戻りました。


命の危険は脱したようだったのでホッとして、
連れて行って本当によかったと、父ちゃんと2人笑顔で帰ったんです。
入院費、1日15,000円かぁ、まったく金食い虫めぇー
しょうがないな、ボーナスも全部あげちゃうぞぉー! 
とか、冗談言いながら。



でも、その日の夜、電話がかかってきて、

「チクちゃんの容体が急変しました。すぐ、来れませんか?
 一生懸命頑張っていますが、おそらくもう・・・ 」 って。


え???
なんで?


一瞬理解できなくて、 「行きます。」 と言ったものの、
まだ望みがあるものと全然思っていました。


病院に到着すると、チクが人工呼吸器をつながれていたけど、
まだ心臓も動いてるし暖かかったんです。
そんなチクを前に、先生が説明される言葉がなぜか聞こえなくて、
何がどうなっているか理解できないまま、ただ頷き、人工呼吸器を外してもらいました。
そして、 もう帰っていいの? 治療は? と思いながらチクを腕に抱き、車に乗ったんです。

体は暖かくて、心臓も動いているようで、微かに息もしているように感じました。

車ではずっとチクに話しかけて、ずっと温もりがあることを確認していたけど、
今思うと、もう息はしていなかったんでしょう。

いつ、息をひきとったのか、と言われたら、
人工呼吸器を外されたその時だったのかもしれない。
でも、私は、確かに息をしていると感じたから、
きっと私の腕の中で息をひきとったんだと思っています。



家に帰ってからも、しばらくはまだ生きているんじゃないかと呼びかけました。
でも、しばらくして体が冷えてきて、やっとチクの死を受け入れました。



それからは、父ちゃんと2人、目が腫れて頭が痛くなるくらい泣いて夜を明かしました。
綺麗な籠ベッドに入れ、父ちゃんと2人、朝まで傍らに寄り添いました。



チク、ごめんね。

出てくる言葉は謝罪しかなかったです。

最近ごはんをがっつかなくなったのは調子が悪かったからだったんだね。
それなのに、他の猫のごはんを食べなくなったと喜んでしまっていたよ。
最近しつこく甘えなくなったのは調子が悪かったからだったんだね。
ザリザリ痛い舌でしつこく舐めなくなったと喜んでしまったよ。
皆でリビングに集っているのに1人2階にちじこまっていたり。
今思い出すと調子が悪いサインだったのに、
気付いてあげられなくて本当に申し訳ない。



8月で10歳。今はまだ9歳。
死ぬのには早すぎて、チクがとても綺麗すぎて、
そんなチクを死なせてしまったことが悔やんでも悔やみきれないんです。




次の日、別れは惜しかったけど、父ちゃんの意向もありお寺へ行きました。
とてもいい住職のいるお寺で、丁寧に供養され、お骨にしてもらいました。
そして、家に戻り、リビングの一番いい場所にチクの場所を作りました。



月曜はお寺に行き、1日が終わり、
少し気持ちの整理ができたように思えました。


次の日、やっぱり会社には行けなくてお休みし、家で過ごしていたら、
平日のお休みという非日常に、心がまぎれて前を向ける気がしました。


でも翌日の水曜日、会社に行き、いつも通りの日常が始まりると、
チクのいない日常にすごく違和感を感じ、とまどいました。

木曜日、 また涙がとまらなくなりました。

病状を気付いてあげられなかったものすごい罪悪感。
年功序列の餌やりで、松のあと、チクを抜かす違和感。
キャリーで連れて行かず、抱っこしていってあげればよかった、とか。
きりがないくらい後悔がたくさん溢れてきました。


今だって4匹の猫に囲まれているけど、チクの空間はぽっかり空いてしまった感じなんです。
だからと言ってクヨクヨしてばかりもいられない。
父ちゃんもいるし、4にゃんもいる。
確実に前を向かなきゃ、とは思うけど、
残った子達に今回のようなことを繰り返さないために、
チクのことを一つ一つを振り返らなきゃとも思う。



振り返ってみて思うこと。
それは、チクを死なせてしまったのは猫を知ったかぶっていた私たちのおごりのせいだということ。

普段甘えっこの母っ子でも、猫は痛みを訴えない生き物なんだ、と今になって気付いた。
ドタンバタンと暴れる頑丈者に見えても、猫はとってももろい存在だってことも。
猫って態度は大きいけど人間の数倍も小さいんだから当たり前なのに、
そんな基本中の基本を忘れていたんですね。


もう2度と後悔しないよう、
今回のことは絶対に忘れません。

プロフィール

たま子

Author:たま子
税理士見習中 ⇒ 税理士になれました♪
5匹の猫と大工の旦那と暮らしております。
只今 念願のマイホーム建築中 ⇒ 建築完了♪
階段の猫毛の掃除がいやで平屋を検討し、
生活のしやすさ、将来の事も考え平屋に決定。
そんなわけで、最近はお家紹介もしております^^

参加ブログランキング

住まいブログランキングに参加しています。
↓参考になる情報がたくさんあります♪

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 平屋住宅へ
にほんブログ村

にほんブログ村

にゃんず&父ちゃん

長女 松
雑種
さらさらヘア
うちの子日 
H13.8月頃
長男 竹
アビシニアン
さらさらヘア
H14.8/21 生まれ
H24.6/4 永眠
次男 梅
雑種
さらふわヘア
うちの子日 
H16.5月頃
次女 小梅
雑種
ふわふわヘア
うちの子日 
H17.4月頃
三女 姫
雑種
ぬっぺりヘア
うちの子日 
H19.5月頃
三男 ナイル
雑種
さらふわヘア
網戸張付き日 
H25.7.16
父ちゃん
人間(オス)
短髪ヘア
職業:大工

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ニュース


記事を掲載していただきました♪
家づくりに関する総合ポータルサイトです。


敷金返還にご協力いただきました♪
大阪の行政書士さんが運営しています↓
敷金返還トラブル支援
因みにウチは山梨だけど無事解決d(・ω・´)

猫の玉手箱 vol.3に掲載されました♪
nukotama3
《 関連記事 》

小梅がアタシ様倶楽部に入会♪
ウチこそは!と思う方^^
入会資格などはここをクリック↓
queen

来てくれた人

ご訪問ありがとうございます♪ 

ブログパーツ

苗木を育成して木を植える♪